FLIR SC620,640,660

使用上の注意

※カメラで太陽や高出力レーザーを見ないで下さい。検出素子が破損する恐れがあります。この場合の修理は保証対象外になります。

メモリ、バッテリーの取り外し

  • メモリーの挿入 画像を参考にしてカメラにSDカードを挿入して下さい。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/memory.png

  • バッテリーの取り外し方 画像を参考にしてロックを外し、バッテリーを引き出します。 バッテリーが十分に充電されていることを確認してください。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/battery1.pnghttp://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/battery2.pnghttp://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/battery3.png

  • 電源の入れ方、切り方(ジョイスティック下のボタン) ボタンを押すとカメラの電源が入ります。 ボタンを2秒以上押し続けると、カメラの電源が切れます。 ※電源ケーブルを接続したままでも使用することができます。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/button_power.png

基本操作

  • メニューの説明 ジョイスティックの右のボタンを押すとメニューが開きます。 もう一度押すとメニューがクローズします。 「アーカイブ」:保存した画像を見ることができます。 「カメラ」:測定を行います。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/button_menu.pnghttp://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/menu.png

※ここでは次の様な設定を行うことができます:

解析方法(スポット、エリア、アイソサーモ)の選択

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/submenu_02.png

温度レンジ、パレットの変更は次のメニューから行えます 通常はレンジ1(-40~120℃)で開始されます。 パレットはアイアン、グレイ、レインボーから選択することができます。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/submenu_01.png

オブジェクトパラメータの設定 「オブジェクト…」を選択すると、放射率、反射温度、距離、大気温度、相対湿度の設定を行うことができます。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/submenu_02.png

セットアップ(言語や日時を変更できます) メニューから「設定」を選択します。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/button_menu.pnghttp://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/menu.png

  • レベル/スパンの切り替え手順 自動調整、手動調整などの変更が行えます。 手動(マニュアル)に設定後、ジョイスティックによりレベルとスパンを変更できます。 「←→」:スパンを変更できます 「↑↓」:レベルを変更できます

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/button_am.png

  • フォーカス方法 マニュアルフォーカスはレンズ周囲にあるフォーカスノブを回転させます。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/focus_manual.png

オートフォーカスは次のボタンを上から押します。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/button_focus.png

  • レーザーポインターの使用方法 黄色いボタンを押すとレーザーポインターが照射されます。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/button_laser.png

  • データの移動方法(2つの方法があります) 次の画像のミニUSBアダプターにUSBケーブルを差込、PCと接続します。通常の大容量記憶装置として外部のドライバーとしてSDカード内のデータを取り扱うことができます。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/usb.png

カメラからSDカードを取り外し、PCへ挿入します。

  • 保存したデータの確認 メニューから「アーカイブ」を選択すると保存した画像を確認、編集することができます。

http://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/button_menu.pnghttp://ircamera.jp/flir_images/image_P6xx/menu.png

カメラ内部では再解析を行うことができます。 データをPC等に移動し、解析ソフトウェア(QuickReport?, Tools)にて解析を行ってください。

  • 標準付属品:標準付属品は次の様になります:
    • ハードケース
    • カメラ本体
    • バッテリー
    • Calibration certificate(保証書)
    • ソフトウェア:FLIR Tools
    • SDカード
    • 電源アダプター
    • 充電器
    • Getting Started Guide(スタートアップガイド)
    • USBケーブル
    • ビデオケーブル
    • 取り扱い説明 CD-ROM
    • 登録用紙

仕様

仕様と各カメラの関連リストは次を参考にしてください。

仕様 FLIR SC620 SC640 SC660
検出素子(ピクセル) 640×480
FOV(視野) 24°x 18°
測定温度範囲 -40℃~+120℃、0℃~500℃ -40℃~+120℃、0℃~500℃、300℃~1500℃ -40℃~+120℃、0℃~500℃、300℃~1500℃
連続駆動時間 約2.5時間
動作温度環境 -15℃~+50℃
保管温度環境 -40℃~+70℃
カメラ重量 1.7kg

このカメラに取り付けられるオプションレンズがあります。 広角レンズ(45度)と望遠レンズ(12度)

マニュアル

FLIR SC620/SC640/SC660のマニュアルはこちら(約21M)

よくある質問

質問)使用していると、残像が残る。
回答)「A/M」ボタンを長押しすると強制シャッターが行われますが、「カチャ」と音がしているでしょうか?していない場合はシャッター交換が必要かもしれませんので、販売店までお問い合わせください。

質問) -40℃より低い温度を測定することはできますか?
回答)可能です。ただし温度レンジを改造する費用が掛かります。詳しくは販売店までお問い合わせください。

質問)赤外線画像が映らない。
回答)デジタルカメラは表示されているでしょうか?されている場合はカメラ内部で赤外線画像を送るケーブルがどこかで抜けている可能性があります。一度カメラ内部の確認が必要になりますので、販売店までお問い合わせください。

SC620,640,660 の該非判定書をお求めの方

こちらから申請書を作成し、ご依頼ください

修理に関するお問い合わせはこちら

こちらから修理受付表を作成し、カメラと共にお送りください