ウィンドウィング測定について

ウィンドウィングとは

ウィンドウィングとは、垂直方向の表示画素を制限することによって、高速撮影を可能にする機能です。

各レンジにおける最高測定フレームレートと画素数

FLIRT1050SCはHSIを経由して解析ソフトウェアResearchIRと接続することで、高速フレームレートでの動画記録が可能になります。最高フレームレートと画素数は、設定レンジにより異なります。

レンジ  測定フレームレート  画像サイズ
 レンジ 1 (–40 ~ +150℃)  30 Hz  全画素(1024 × 768)
 レンジ 2 (0 to ~+650℃)  30 Hz  全画素 (1024 × 768)
 レンジ 3 (+300 ~ +2000℃)  30 Hz  全画素 (1024 × 768)
 レンジ1 (–40 ~ +150℃)  120 Hz  ウィンドウィング1/4 (1024 × 192)
 レンジ 2 (0 ~+650℃)  120 Hz  ウィンドウィング1/2 (1024 × 768)
 レンジ 3 (+300 ~ +2000℃)  120 Hz  ウィンドウィング1/2(1024 × 768)
 レンジ 2 (0 ~+650℃)  240 Hz  ウィンドウィング1/3 (1024 × 384)
 レンジ 3 (300 ~+2000℃)  240 Hz  ウィンドウィング1/3 (1024 × 384)