保守保全モデルと研究開発モデルの違い

保守保全モデルと研究開発モデルについて

FLIR Tシリーズには御用途に応じて2つのタイプのカメラをご用意しております。

保守保全モデル (FLIR Tシリーズ) 研究開発モデル (FLIR T-scシリーズ)
主に静止画での撮影を中心とされる方向け カメラをPCと接続し、時系列に温度解析を目的とする方向け

主な仕様の違い

通常モデルとT-scモデルとの仕様の違いは以下のような特徴を持ちます。

温度分解能の違い 通常モデルより高い※1
精度の違い ±1℃又は±1%(限定範囲)※2
温度レンジの違い 高温レンジが標準付属※3
オプションソフトウェアの違い ResearchIRMaxとTools+が標準付属

※1 モデルによって同一温度分解能のものもあります。
※2 T460とT660は同じく±1℃もしくは±1%(限定範囲)
※3 T460のみ1500℃が標準付属

対応ソフトウェアの違い

標準付属ソフトウェア(全モデル共通)

FLIR Tools
主な機能: 静止画解析・簡易レポート作成のためのソフトウェア。全ての製品に標準で付属します。

保守保全モデル対応ソフト

FLIR Tools+
主な機能: 簡易動画記録・解析,MicrosoftWord上でのレポート作成機能, CSQファイルの再生・解析など
標準価格: 60,000円(税別)

研究開発モデル対応ソフト

FLIR ResearchIR
主な機能: 動画記録(トリガー条件設定)・解析,画像処理フィルター,MatLaboとの接続など
標準価格: 280,000円(税別)