該非判定書(パラメータシート)に関して

赤外線カメラを輸出する

赤外線カメラを日本より輸出する(または持ち出す)場合、カメラの機種により、経済産業省より輸出許可証を得る必要がございます。

輸出許可証の詳細はこちら

フリアーシステムズジャパン㈱では輸出管理法令上の規制に該当するか否かを判定した該非判定書(パラメータシート)を発行しております。

カメラの機種により、判定が異なりますので、次の該非判定書発行依頼フォームを記入し、フォームの手順に従ってファックスまたはメールをお送りください。

平成29年8月1日より該非判定書の発行が有料となります。
料金:8,000円/部

ご依頼は、こちらのフォームをお使いください。
該非判定書発行依頼フォーム(PDF)
該非判定書発行依頼フォーム(DOC)

尚、判定書作成は申請受付後7営業日以内にご指定のメールアドレスに送付いたします。

代表的なカメラの判定は次のようになります。
・非該当製品 : FLIR one, TG165, FLIR i3/i5/i7, FLIR E4/E5/E6/E8
・該当製品 : FLIR E40/E50/E60, FLIR T4x0シリーズ, FLIR T6x0, FLIR GFシリーズ

※海外各国よりカメラを持ち出す際の輸出許可に関しましては、現地にてご確認ください。