顕微レンズの校正について

FLIR Tシリーズ(T4xx/T6xx)の顕微レンズ校正について
T4xxシリーズとT6xxシリーズではレンズによって校正が必要なものと、校正が不要なものの2種類があります。
カメラ本体と同時にレンズをご購入いただいた場合は、校正が必要なレンズでも作業費は無料です。

校正必要 校正不要(外部窓補正)
T4xx(sc) 全てのレンズ

校正必要 校正不要(外部窓補正)
T6xx(sc) 45°/80°/15°/7°/25μm 100μm/50μm

校正が必要な顕微レンズ

カメラ本体に顕微レンズを認識させるために、校正調整作業が必要です。
既にカメラをお持ちで、接写レンズを別途ご購入の際は、カメラをサービスセンターにてお預かりし、再校正をさせていただきます。
(作業費についてはご購入先販売店へお問い合わせください。)

校正が不要な顕微レンズ

カメラの標準レンズの上に装着するため、カメラへレンズを認識させるための校正作業は不要です。
お客様にて顕微レンズの指定透過率をカメラ内の設定「外部窓補正」に入力することで正しい値が計測できます。

T6xxシリーズ外部窓補正の設定の仕方

1.顕微レンズを標準25°レンズの上に装着します。

2.カメラの画面をタッチしてメニュー画面から測定パラメーターを選択し、外部IR窓補正をクリックします。

2.IR窓補正のウィンドウが表示されたら、補正を“オン”にし、温度を設定します。

3.次に放射率を設定します。(設定すべき放射率はレンズケースに同封してあります。)