校正に関して

赤外線カメラの校正について

赤外線カメラを用いて温度測定を行ったり、熱の異常箇所を見つけるためには、赤外線カメラの精度を維持するための適切な校正やメンテナンスを行うことが重要になります。フリアーシステムズでは年に一度のカメラの校正を推奨しております。

校正の手順

校正は基準温度を発生させる黒体シュミレーター(以下:黒体炉)を用いて行われます。
手順1:赤外線カメラに正しい温度を教え込みます。
手順2:カメラが正しい温度を測定できるかを確認するために、再度黒体炉にて確認測定します。

フリアーシステムズジャパンでは~1,500℃までの校正を行うことが可能です。
この黒体炉自体も年に一度校正され、常に正しい温度が保障されています。

赤外線カメラは年に1度の校正が推奨されています。

各カメラの価格は

代表カメラの価格表

作成中です。

校正後には「校正証明書・トレーサビリティー証明書・検査成績書」が発行されます。