機能(Wi-Fi接続・MSX・UltraMaxなど)

FLIRの赤外線カメラにはモデルにより以下のような特徴的な機能があります。

モバイル機器とのWi-Fi接続

Wi-Fi経由でモバイル機器と接続し、カメラのリモート操作と画像解析を行うことができます。(ご使用には無料アプリFLIRToolsのダウンロードが必要です。)
対応機種:FLIRExxシリーズとT4xxシリーズ、T6xxシリーズ

MSX

MSXはデジタルカメラの輪郭や文字の情報をエンボス加工し、熱画像に重ね合わせることにより、対象物がより判別しやすい画像を得られるFLIR独自の特許技術です。
対応機種:FLIRExシリーズ、Exxシリーズ、T4xxシリーズ、T6xxシリーズ

詳しくはこちら

PC接続によるソフトウェア解析

カメラとコンピューターをUSBで接続し、ソフトウェア上でリアルタイムに熱画像を記録・解析することができます。 (この機能にはソフトウェアFLIRTools+もしくはFLIRResearchIRが別途必要です。)
対応機種:FLIRExxシリーズ、T4xxシリーズ、T6xxシリーズ

Ultra Max

画像処理により通常画素数の約4倍相当の画質を実現する機能です。
対応機種:FLIRT4xxシリーズ、T6xxシリーズ

GPSデータの付加

カメラ内臓のGPSにより位置情報を静止画に付加し、解析ソフトFLIRTools上で撮影場所の経度・緯度情報を確認できます。
対応機種:FLIRT6xxシリーズ

コンパス機能

カメラの撮影方向を画像に付加し、解析ソフトFLIRTools上で撮影時の方向を確認できます。
対応機種:FLIRT4xxシリーズ、T6xxシリーズ